[PR]

 相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡し、26人がけがをした事件で、殺人などの容疑で送検された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が、「裏口から施設に入った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。正門付近の警備員室を避けたとみられ、神奈川県警は植松容疑者が施設の構造や防犯態勢を熟知していたことが事件につながったとみて調べている。

 捜査関係者によると、植松容疑者は26日午前2時ごろ、東側の居住棟1階の窓をハンマーで割って110号室に侵入。この部屋の入居者の女性(19)を殺害した容疑で送検された。園には警備員が常駐しているが、午後9時半以降は正門近くの管理棟で仮眠してもよいことになっており、当直の警備員は侵入に気づかなかったという。

 植松容疑者は東棟から西棟に移動し、約50分間で計45人を襲ったとみられる。この間、植松容疑者は結束バンドを使って職員5人を手すりなどに縛りつけた。このうち1人が無料通信アプリ「LINE」を使って非番の職員に「すぐ来て。やばい」と連絡。連絡を受けた職員が午前2時38分に最初の110番通報をしたという。

 午前2時47分ごろ、植松容疑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら