[PR]

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」であった事件で大けがをした野口貴子さん(45)の両親が28日、朝日新聞の取材に応じた。

 神奈川県藤沢市に住む母親の輝子さん(76)は26日朝、救急隊員からの電話で事件を知った。「すぐに病院に向かってください」

 園に入所していた貴子さんは、首の後ろを4カ所刺されて重傷を負っていた。深さ4センチの傷もあり、首にあてられたガーゼが真っ赤に染まっていた。「それを見た時はもう……」と輝子さん。一命は取り留めたが、現在も集中治療室に入っている。

 貴子さんは園に10年以上入所している。重度の障害でコミュニケーションを取るのは困難だが、運動会などの行事には楽しんで参加していたという。水泳が好きで、江の島に泳ぎに連れて行ったこともある。

 父親の宣之さん(76)は「こんなことになって。我々はいま、どん底です」と話した。

 容疑者が「障害者なんていなくなればいい」と話していることについて、輝子さんは「とんでもない。許せない」と涙をにじませながら語った。(前田朱莉亜)

■悲しみや怒り、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら