写真・図版

[PR]

 暑い日が続き、外出や通勤で汗だくになることが多い季節。あせもなどの肌トラブルが気になります。どう対処すればいいのでしょうか。

 あせもは医学的に「汗疹(かんしん)」と呼ばれる。大路皮膚科医院(東京都武蔵野市)の大路昌孝院長は「汗を急激に大量にかくことで、汗の通り道である『汗管(かんかん)』が詰まり、汗が皮膚の内側にたまることが主な原因です」と話す。

 あせもは、症状によって3種類に分けられる。かゆみがなく、透明や白い直径1~3ミリ程度の水ぶくれができる「水晶様汗疹」。普段見る機会が多い「紅色汗疹」は、米粒大ほどの赤いぶつぶつができ、軽いかゆみや痛みを伴う。また、皮膚がなだらかに隆起する「深在性汗疹」は、熱帯地方などでみられるという。

 ただ、汗でかゆくなるもの全てが、あせもというわけではない。皮膚がこすれたり、乾燥したりして、抵抗力が弱っているとき、汗に含まれる塩分などが刺激となり、赤くかゆみが出ることがある。「汗荒れ」と呼ばれる症状だ。よしき皮膚科クリニック銀座(東京都中央区)の吉木伸子院長は「汗でかゆくなって、あせもだと思って受診する人が大半だが、実際は汗荒れということが多い」と話す。

 あせもは新陳代謝のいい子ども…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら