[PR]

 厚生労働省は28日、タイの「TIPWANCHAI SEAFOODS」社製の冷凍ゆでガニを輸入する貿易会社に対し、食中毒を起こす菌「腸炎ビブリオ」の検査を全ロットについて命じた。昨年12月と今月21日の2度、神戸港で輸入された同社製のカニから菌が検出されたため。

 腸炎ビブリオは夏場の食中毒に多く、腹痛や下痢を引き起こす。同社製の冷凍ゆでガニは昨年度136トン、今年度も今月20日までに54トンが輸入申請されている。昨年12月、神戸検疫所が輸入時検査で菌を発見し、検査頻度を上げていた。