[PR]

 高島屋は28日、日本橋店(東京都中央区)の外商顧客421人分の名前や住所、クレジットカード番号などの情報が流出したと発表した。今のところ不正利用などの被害は確認していないという。同社は対象顧客に連絡し、謝罪を伝えている。

 高島屋によると、日本橋店に勤務していた元社員が1999年から2004年にかけ、顧客情報を自宅のパソコンに保存して業務に使用していた。元社員はその後、パソコンをリサイクル店に売却したが、データ消去が不十分だった。リサイクル店でパソコンを買った客が気づき、同社に連絡して判明したという。

 流出当時、情報管理のルールが徹底していなかった。現在は社員が顧客情報を外に持ち出せないようにしているという。