[PR]

【2007年12月8日 朝刊be】

 「絵空事ではない『小池新党』 後ろ盾は小泉(元首相)。初の女性首相を射程に……」

 11月下旬、雑誌に、こんな見出しが躍った。守屋武昌・前防衛事務次官との「抗争」で一敗地にまみれたかに見えた小池百合子の健在ぶりを示す「ニュース」だった。

 当の本人は日本にいなかった。軍需専門商社「山田洋行」による接待疑惑をめぐる同月15日の参院の守屋の証人喚問を見届けると、中東に飛び立った。母校カイロ大学の創立100周年記念式典に招かれアラビア語で両国関係をスピーチ。直前にはイスラエルの女性会議に出席した。

 小池は23日に帰国。「新党? その気もないし、その時期でもない」と話した。

 自民・民主の党首会談で急浮上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも