[PR]

 人気スマートフォンゲーム、ポケモンGOの配信後、「歩きスマホ」の歩行者が3倍に急増――。筑波大医学医療系の徳田克己教授(バリアフリー論)らの研究グループの調査でそんな実態が明らかになった。

 研究グループは、歩きスマホの危険性などを実証しようと2006年以降、国内外で歩行者に占める歩きスマホの割合などを定点調査している。今回の調査はポケモンGOの配信開始翌日の23日に東京・秋葉原で実施。①JR秋葉原駅の出入り口付近②駅周辺の横断歩道2カ所③駅プラットホーム――の3地点でそれぞれ30分間調べた。

 その結果、①では歩行者1421人中342人が歩きスマホで、24・1%を占めた。昨年7月12日に同じ場所で実施した調査では7・3%で、割合は3倍超になった。②では19・3%(昨年7月12日は6・7%)、③では18・9%(同12・8%)だった。

 調査では、数人の仲間が横に並…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら