天皇の位を生前に皇太子さまに譲る意向を示している天皇陛下が、8月にお気持ちを表明する方向で宮内庁が調整していることが、関係者への取材で分かった。天皇陛下が直接お気持ちを示す場を設け、記者が同席することも検討されている。日程は8月8日を軸に、15日前後も候補にあがっており、詰めの調整が進んでいる。

 退位を実現させるためには、皇室制度を定めた皇室典範の改正などが必要になってくるため、天皇陛下の表明を受け、政府は対応を検討することになる。

 天皇陛下はかねて「象徴としての天皇の地位と活動は一体不離」との姿勢を示し、公務を重視してきた。近年は年齢に伴う体力的な不安をごく親しい人たちに話すこともあり、天皇としての務めを全うできなければ退位もやむを得ないという意向を伝えてきた。

 外国の王室ではオランダなどで生前退位が認められている。天皇陛下はこうした他国の事例に詳しく、先々務めを果たせなくなる可能性を見据え、皇太子さまに皇位を譲渡する方法があるのかどうかを周囲にたずねることもあったという。

 関係者によると、天皇陛下は年内にお気持ちを表明する方向でその時期を検討していたが、13日に報道各社が「生前退位の意向」を報じたことで、「早い段階で何らかのお気持ちを示したほうがいい」と8月に表明する場を設けることになったという。

 8月6日と9日には、原爆が投…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら