拡大する写真・図版 いまにも動きだしそうな「巨神兵」=光市の虹ケ浜海岸

[PR]

 山口県光市の虹ケ浜海岸に、アニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する巨大生物「王蟲(オーム)」と「巨神兵」が出現した。向き合う2体は、よく見ると海岸の漂着ゴミや流木。細部までこだわった作品は、ツイッター上でも「クオリティーが高い」などと話題になっている。

 制作したのは、海岸近くの社会福祉法人に勤める介護職員の重山洋一さん(55)。二輪車を押して浜辺を歩き、漂着ゴミを熊手でかき集めている。重労働にみえるが、「基本、お遊びですから」と重山さん。

 作品づくりのきっかけは昨年、結婚する同僚のために砂浜に砂を積み上げてつくったハートマークだった。上空からハートマークを撮影した写真を見たら、周囲のゴミが気になった。砂浜に流れついたゴミの帯が、竜のように見え、ためしにそのゴミで竜をつくってみると、思った以上にうまく出来た。

 若いころ、岐阜市で掛け軸制作…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら