[PR]

 東日本大震災で被災した関東地方の高速道路の復旧工事の入札で談合をしたとして、公正取引委員会は1日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で道路舗装会社8社に談合をしないよう排除措置命令を出す方針を固めた。このうち工事を落札した5社に計約5億円の課徴金納付命令を出す。

 排除措置命令を受けるのは、日本道路、NIPPO、前田道路、鹿島道路、大林道路、大成ロテック、世紀東急工業、東亜道路工業(いずれも東京)。NIPPO、世紀東急、東亜道路工業は工事を落札しておらず、課徴金が課されない。公取委は今年3月、同法違反容疑で立ち入り検査に入っている。

 談合があったとされるのは20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら