[PR]

 第73回ベネチア国際映画祭が8月31日夜(日本時間9月1日未明)に開幕した。最高賞の金獅子賞を競うコンペティション部門に20作品が参加するが、日本作品はない。日本映画としては、斬新な作品を集めたオリゾンティ部門に、妻夫木聡さんと満島ひかりさんが出演する石川慶監督の「愚行録」が参加する。コンペ外部門では川村泰監督のフル3DCGアニメーション「GANTZ:O」が上映される。授賞結果は最終日の10日夜(日本時間11日未明)に発表される。(ベネチア)

こんなニュースも