[PR]

 岐阜県と同県各務原市は、米国立スミソニアン航空宇宙博物館と、国内の自治体では初となる連携協定を結ぶと発表した。かかみがはら航空宇宙科学博物館(同市)が2018年3月に新装開館するのに向け、収蔵品を借りたり、学芸員らが交流したりする。

 スミソニアン博物館は、航空宇宙に関する世界最大級の博物館で、多数の航空機や宇宙船を収蔵する。各務原市の博物館新装の目玉として、県と市が連携に向け調整していた。古田肇知事らが訪米し、6日(日本時間7日)に協定書に署名する。

 県と市はスミソニアン博物館に対し、スペースシャトルの部品など日本では貴重な宇宙関連の収蔵品を中心に貸し出しを要望。県の担当者は「知事の訪米時にいい返事がもらえれば」と期待している。

 各務原市の博物館は旧日本陸軍…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら