[PR]

 リオデジャネイロでお家芸復活をかける日本柔道にとって、世界との戦いは畳の外でも繰り広げられている。強化を支える情報戦。フランス、ドイツ、ブラジルなどの柔道大国と静かに火花を散らす。

 日本の分析はきめ細かい。全日本柔道連盟科学研究部の一員で、現場を仕切る石井孝法氏は言う。「まず、誰が見ても変わらない客観的な数値を集めた」。国内外の強豪選手の「見える化」を進めた。

 国際柔道連盟(IJF)が主要大会の試合をネット上に公開し、強者はことごとく丸裸にされる時代。日本は進化する独自の分析技術で、他国の一歩先を目指す。石井氏ら分析班10人が、4年間で見た映像は男女の計約8千試合。技の比率、時間帯ごとの得失点、左右の技の分類のほか、道着を14カ所のポイントに振り分けて、組み手と技の関連性を探る研究も重ねた。

 たとえば、女子52キロ級で中村美里(三井住友海上)の好敵手となる2014年世界王者のケルメンディ(コソボ)。資料には「30試合分析。大内刈り、内股が得点の28%。得点の時間帯は1~2分に46%」などといった基礎情報がずらりと並ぶ。対象は各階級6~7人。日本選手については、「海外勢にどう見えているか」を念頭に数値から特徴を捉えた。

 資料はスタッフ間でかつて「海外の柔道家」を縮めて「海柔(かいじゅう)カード」と呼ばれた。現体制になってからは「Gold Judo Ippon Revolution Accordance」の頭文字を取って、通称「ゴジラ(GOJIRA)」に。昨年末には文部科学省のハイパフォーマンスサポート事業と連携し、ネット上でのアップロードや試合のキーポイントをタグ付けできる新システムを導入。迅速かつ正確なデータ整理が可能となった。

 石井氏は「この4年、世界で一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも