[PR]

 真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で4日、僧侶になるための儀式「得度(とくど)式」があった。夏休み中の子どもたちが、頭髪を剃(そ)って、くりくり頭で式に臨んだ。

 宗祖・親鸞が9歳で得度したことにちなみ、真宗大谷派では同じ年齢から得度できる。この日は9歳の66人を含む139人が参加。大谷暢顕(ちょうけん)門首(86)から頭にかみそりをあてられる「剃刀(ていとう)の儀」を受け、僧侶になった証しの墨袈裟(すみげさ)と法名を授かり、御影堂(ごえいどう)の前で記念撮影した。(久保智祥)