[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は1日、ブラジル・リオデジャネイロで報道陣の取材に応じた。東京都知事に当選した小池百合子氏が、膨張する大会開催費用を検証する考えを示していることについて、「全体をよく見て頂きたい。(当初構想にあった)コンパクトな8キロ圏内での開催は大変お金がかかる。我々も施設を削減してきた。よく勉強して頂きたい」と注文をつけ、「都議会とは互いに協力してほしい」と述べた。

 一方で、閉会式に参加する予定の小池氏を「一躍、ヒラリー(・クリントン)さんより人気者になるかもしれないな」と持ち上げる場面も。新知事とうまくやっていける自信があるかと問われると、「まあ、小池さん次第ですね。私は奉仕のつもりでやっている。それをおくみ取り頂けなければ、うまくいかない」と述べた。(野村周平)