[PR]

 ロシア重量挙げ連盟は、リオデジャネイロ五輪出場を禁じた国際重量挙げ連盟の処分を不当だとし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行った。ロシア・タス通信が1日、報じた。国際連盟は「ロシアは競技を汚している」などとして7月29日の理事会でロシア連盟を資格停止処分とし、計8選手をリオ五輪から締め出した。タス通信によると、ロシアボート連盟も、五輪出場を禁じられた17選手の出場を求めてCASに訴えた。(リオデジャネイロ)

こんなニュースも