[PR]

 政府は2日の閣議で、消費者庁の板東久美子長官の後任に、岡村和美・法務省人権擁護局長(58)を充てる人事を決めた。発令は9日付。安倍政権は女性の積極登用を掲げ、消費者庁では3代続けての女性長官となる。

 岡村氏は早大卒、ハーバード・ロースクール修士課程修了。1983年弁護士登録。89年に米国ニューヨーク州で弁護士登録し、モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッドに90年から2000年まで勤務。同年5月、東京地検検事。法務省刑事局国際課長、東京高検検事、最高検検事などを経て14年7月から現職。

こんなニュースも