[PR]

 7月の参院選で、幸福実現党公認候補の応援演説の見返りに現金の授受があったとして、警視庁は2日、公職選挙法違反(買収)の疑いで東京都港区の同党本部に家宅捜索に入った。党の関与がなかったかを調べるという。

 警視庁は、6月下旬に東京都豊島区であった党公認候補の男性(49)の街頭演説で、応援演説の報酬として現金計10万円の授受があったとして、応援演説をしたタレントのテレンス・リーこと加藤善照容疑者(51)と、応援を頼んだ男性候補の陣営関係者ら2人を7月26日に逮捕している。

 幸福実現党は「党本部にまで家宅捜索が及んだことに対して、強い政治的意図を感じる。捜査当局に対して強く抗議していく」とコメントしている。