[PR]

 ハウス食品は、袋入り即席ラーメン「うまかっちゃん」のパッケージを、28年ぶりに変更する。8日から、近畿以西で順次発売する。

 3代目となるパッケージは、ラーメンの画像を大きくして中央に寄せた。また「ハウス」のロゴを表面に初めて入れた。1979年の発売以来、ハウス食品の商品では唯一、ロゴが表に入っていなかったという。「ハウスのラーメン」ではなく、「九州のラーメン」として売ることを重視したのが理由だ。

 発売から37年間、九州地区でトップシェアを続け、累計販売は33億食。定番の人気商品となった。「今後は『ハウスのうまかっちゃん』として親しんでもらいたい」(小島美雄福岡支店長)という。

 また、うまかっちゃんの「海老(えび)みそとんこつ」味を九州・沖縄・山口限定で8日発売する。北海道や関東で人気のエビだしラーメンを参考に、エビのうまみと焼いたエビの香ばしい風味をきかせ、みそ味のとんこつスープに合わせた。希望小売価格は税別105円。