[PR]

 熊本地震の被災者のために全国から熊本に寄せられた義援金が、7月31日時点で382億9666万円になった。熊本県が2日、発表した。2004年の新潟県中越地震後の義援金373億6577万円を超えた。

 この日開かれた義援金配分委員会は、3日にも、3次配分として計130億5736万円を被災した県内26市町村に配ることを決めた。1次、2次はすでに配分済みで、配分額の累計は268億1648万円。

 死亡(関連死を含む)・行方不明者に対する配分は、従来の1人当たり80万円から100万円、重傷者は8万円から10万円になる。住宅被害に対する配分額(1世帯あたり全壊80万円、半壊40万円)は、支給対象が増えると予想されることから据え置いた。(大畑滋生)