[PR]

 トヨタ自動車が4日発表した2016年4~6月期決算(米国会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が6422億円と前年同期比15・0%の減少となった。4~6月期の営業減益は5年ぶり。売上高は同5・7%減の6兆5891億円。最終的な利益を示す純利益は同14・5%減の5524億円だった。

 17年3月期の通期予想でも、為替レートの想定を1ドル=105円から102円に見直し、営業利益を当初見込みの1兆7千億円から、1兆6千億円に下方修正した。前年同期比で43・9%減の大幅減益となる。

 アベノミクスによる円安を追い風に空前の利益をたたき出してきたトヨタの勢いは、為替相場が円高に反転した影響で急ブレーキがかかった。