[PR]

 中国のインターネット人口が今年6月に初めて7億人を突破したことが3日、明らかになった。スマートフォンを使ったネット接続の広がりを追い風に、ネット普及率は51・7%に達した。約4億人とされるインドに大差をつけて、世界最大のネット人口国の地位を保っている。

 政府機関の中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した今年上半期の統計によると、6月時点のネット人口は昨年末より2132万人増え、7億1千万人となった。このうち、携帯電話を使って接続する人が92・5%で、スマホなどの普及がネット人口の急増を生んでいる。

 ネットでお金を支払うネット決済のユーザー数は半年前より9・3%伸びて4億5千万人で、ネット通販人口も4億5千万人弱に達した。こうした分野は中国のサービスが世界的にも進んでいるとされる。ネットで料理の出前を頼む人の数も前年末から3割以上増えて1億5千万人となり、急速に人気を集めつつある。(北京=斎藤徳彦)