[PR]

 神奈川大(横浜市神奈川区)の学生2人が、世界遺産に登録されているドイツ・ケルン大聖堂の回廊の壁に落書きをしていたことがわかった。学生自身が落書きしたことをツイッターで報告したため、引率していた教職員が気付いた。同大は大聖堂に謝罪した。

 同大によると、海外研修で現地を訪れていた学生が6月30日に落書きしたという。7月7日に副学長が現地を訪れ、学生2人とともに謝罪した。修復を申し入れたが、必要ないと言われたという。兼子良夫学長は「ケルン大聖堂を愛し尊敬してきたドイツ国民、世界の皆様に心からおわび申し上げます」とのコメントを発表した。