【動画】旧ソ連撮影、被爆後の広島、長崎映像=広島市提供
[PR]

 広島平和記念資料館(原爆資料館)は4日、米国による広島と長崎への原爆投下後、旧ソ連の調査団が被爆地を撮影した映像を報道機関に公開した。廃虚の街の姿をとらえており、外務省を通じて寄贈された。広島市が旧ソ連撮影の映像を入手したのは初めてという。

 映像はモノクロで約5分。原爆資料館によると、広島の映像は、建物や橋の荒廃状況などから、枕崎台風があった1945年9月17日から同11月ごろまでの撮影とみられる。爆心地から約300メートルの広島富国館や約1・6キロの広島貯金支局から望む街並みや人が映る。長崎の映像には調査団の姿もあった。ロシア語のナレーションも入っている。

 今年6月、ロシアのナルイシキン下院議長が安倍晋三首相と面会した際、映像を収めたDVDを渡していた。資料館は「ロシア側が提供した意図はわからないが、貴重な資料」として公開を検討する。(高島曜介)