【動画】インドの子どもたちが通うインターナショナルスクールに密着=瀬戸口翼撮影
[PR]

 国際社会で通用する力をつけさせたい――。留学しなくても、グローバル教育が比較的安く体験できる場として、インドの子どもたちが通うインターナショナルスクールが注目されています。8歳の長女を通わせている記者(42)がリポートします。

 「d・e・c・i・m・a・l decimal(小数)」。ドイツ人のエミル・アイトナーくん(8)が、英単語のスペリングをそらんじた。「Congratulations!(おめでとう)」と歓声や拍手が沸いた。

 7月初旬、東京都江戸川区の「タトゥワインターナショナルスクール」のビルの一室で開かれた行事。先生が読み上げる英単語のスペルを答え、勝ち残りを競う。優勝したアイトナーくんは「毎日2時間、お母さんと練習してきた」。「afternoon(午後)」は突破したものの「saucer(カップの受け皿)」で間違えた日本人の西本大晟(たいせい)くん(9)も「初めて1問目をクリアした」と満足げだ。

 英国ケンブリッジ式のカリキュラムを取り入れ、授業はすべて英語。IT教育や算数に特に力を入れ、ビジネスの場でよく使われるパワーポイントは、7~8歳のクラスで習得。割り算も一足早く6~7歳で学習する。ランチタイムはお弁当から食欲をそそるスパイスの香りが漂う。

インドと日本の親が立ち上げ

 江戸川区は、2000年ごろから都心のIT企業に勤めるインド人が急増。学校は、転勤で来日したラマア・バラジさん(40)と日本の友人が10年12月に立ち上げた。最初は自分たちの子どもら5人だったのが、今では2歳半から14歳までの約390人が通う。インド人の子どもが65%で日本人が20%を占める。バラジさんは「世界で通用する教育を、一時的に日本に暮らす外国籍の子どもたちだけでなく日本人の子どもたちにも提供したい」と話す。

 年間授業料は約60万円。一般…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら