[PR]

 イランの核開発問題をめぐり米欧による制裁が解除された今年1月、米政府が4億ドル(約400億円)相当の現金をイラン側に空輸していたことが明らかになった。イラン当局が同月、拘束していた米国人4人を解放したことから、「身代金だ」という批判が野党・共和党などから出ている。

 米ウォールストリート・ジャーナル紙が3日報じた。ホワイトハウスのアーネスト報道官は3日の会見で、4億ドルの支払いについては認めたものの、人質解放のための「身代金」だったという見方は否定した。

 報道官によると、イラン政府は1979年、4億ドルを武器調達費として米側に支払ったが、この年イランで革命が起きたため、武器は輸出されなかった。その後、米政府は国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)に仲裁を求め、利子を含めた和解金をイラン側に支払うことで合意したという。

 報道によると、イラン側への和…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら