[PR]

 4日午前7時半ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅東北線上りホームで、同市内に住む宮城県立高校3年の女子生徒(18)が、男に背中を太い針のようなもので刺され、長さ2ミリの傷を負った。県警は同日午後、同県利府町内で目撃情報などと外見が一致する男を見つけ、任意で事情を聴いている。

 仙台中央署によると、通学のためホームで列車を待っていた女子生徒は、右側から歩いてきた男に突然背中をたたかれたように感じたという。男が立ち去った後、ほかの利用客に「背中から血が出ている」と言われ、刺されたことに気づいた。「男と面識はない」と話しているという。

 女子生徒は自分で鉄道警察隊に届け出て、仙台市内の病院に搬送された。署は緊急配備を敷き、駅構内などの防犯カメラの映像を解析して男の逃走経路を調べている。