[PR]

 第47回全国ママさんバレーボール大会(朝日新聞社など主催)が4日、福島市で開幕した。全国大会の県内開催は初めて。国体記念体育館と西部体育館の市内2会場で7日まで熱戦が繰り広げられる。

 初日は試合はなく、開会式と選手による交歓会が国体記念体育館であった。大会の名誉総裁を務める高円宮妃久子さまも参加した。全チームを代表して一箕クラブ(会津若松市)の城戸江理子さんが「(大震災の被害から)ようやく元気を取り戻した福島で、全国の仲間と出会えたことを喜びたい」とあいさつした。

 各都道府県とも代表は1チームだが、開催地である県内からは、一箕クラブ、えすじ(いわき市)の2チームが出場する。

関連ニュース