[PR]

 高エネルギー加速器研究機構などの研究グループは、素粒子ニュートリノの実験で、宇宙に物質がある謎を解く手がかりとなるデータが得られたと発表した。今後、精度が高まればノーベル賞級の業績になる可能性がある。米国シカゴで開催中の国際学会で6日(米国時間)、報告される。

 宇宙が誕生したビッグバン直後には物質と反物質が同数、生まれたとされてきた。両者は打ち消し合うはずだが、現実には物質だけが残っている。「CP対称性の破れ」と呼ばれる両者の違いが、物質が完全には消えなかった理由とみられる。

 CP対称性の破れは、物質を構…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら