[PR]

 日本全域に影響を及ぼす「超巨大噴火」の発生予測につなげようと、神戸大などの研究チームが、九州南方の海域で今秋、人工地震を活用して「鬼界(きかい)カルデラ」の海底火山の調査を始める。噴火前に膨張する可能性がある海底の「マグマだまり」の実態解明を目指す。

 鬼界カルデラは直径約20キロ、薩摩半島から約50キロ南にある。噴煙が上がる薩摩硫黄島と、竹島(いずれも鹿児島県)はその外輪にあたる。

 調査は10月に始める予定。神戸大の練習船が鬼界カルデラがある海域の海底に地震計などを設置。海中で圧縮空気を使って人工地震を起こし、地中を伝わり、跳ね返った地震波などの状況から、地中にあるマグマがたまっている場所(マグマだまり)の位置や形を推定する。火山活動の変化をつかむため、海底の磁場の強さや水圧、温度なども常に測定する。今後、海洋研究開発機構の研究船などを使った調査も行う予定だ。

 超巨大噴火はマグマ噴出量が数…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら