[PR]

(5日、リオ五輪開会式)

 開会式に参加した各国の旗手のなかで、ひときわ目立っていたのは、トンガのテコンドー選手、ピタ・タウファトファ(32)だった。上半身裸で民族衣装を身にまとい、皮膚にオイルのようなものを塗って、191センチ、100キロの肉体美をアピールした。

 豪州生まれのトンガ育ち。1996年アトランタ五輪で銀メダルを獲得したトンガのボクサーに刺激を受け、自衛の手段としてテコンドーを始めたという。

 開会式を前に自身のインスタグラムには「ちょっとしたサプライズがある。見逃さないで」と書き込んでいた。大胆な格好での登場に、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、「いったい誰だ?」と見出しをつけ、注目した。宣言通り、世界中の人を驚かせたようだ。

こんなニュースも