[PR]

(6日、フェンシング女子エペ個人)

 フェンシング女子エペの佐藤希望(30)は守るものができて、強くなった。2度目の五輪となったリオデジャネイロ五輪では、メダルにあと一歩届かなかったが、日本勢女子エペの過去最高順位となる8位に入賞。試合後の表情は晴れやかだった。

 前回のロンドン五輪の翌年に結婚し、長男匠君(3)を出産した。出産後も第一線で競技を続ける先輩選手はいなかったが、出産前から復帰を決めていた。

 「もう一度、五輪に出場する」

 だが、競技と育児の両立は簡単ではなかった。練習拠点の東京で長男と2人暮らし。夫は富山に暮らし、自身の実家は福井。東京に身寄りもなかった。

 丸2年間、トレーニングから完全に離れ、落ちた体力を元に戻すのは想像以上に大変だった。階段を上るにも息が上がった。出産前より筋肉量が5キロ減り、それまで着ていたユニホームはぶかぶかになった。

 復帰から半年たっても、体力は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら