[PR]

(6日、競泳男子400メートル個人メドレー)

 ずっと追い続けてきた背中には、3秒66届かなかった。6日の競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルだった瀬戸大也(だいや)(22)。金メダルに輝いた萩野公介(21)は、憧れで、目標で、そして一番のライバルだった。

 競泳の同一種目としては60年ぶりに日本選手2人が並んだ表彰台。一番高い中央で金メダルを受ける萩野の隣で、瀬戸は胸の銅メダルに触れた。そして萩野と肩を組み、メダルを掲げての撮影に応じた。

 瀬戸は5歳で水泳を始めた。元気があり余っているわが子を、母一美さん(49)が埼玉県毛呂山(もろやま)町の自宅近くのプールに通わせた。

 小学2年。出られなかった全国大会の結果に、瀬戸は驚いた。同学年の男子が年上を相手にメダルをとっていた。「何、この子?」。栃木県小山市出身の萩野だった。家族は萩野を「萩ちゃん」と呼び、「目標にしてやっていこうね」と声をかけ合った。

 小学3年。200メートル個人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら