写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 小学生の5人に1人が便秘状態にあることがNPO法人の調査でわかりました。症状が重くなり、「排便外来」で治療を受ける子どももいます。「学校での我慢」も背景にあるとして、学校のトイレを洋式の個室に改修するなどの動きも出ています。

子どもの2割が便秘

 NPO法人「日本トイレ研究所」が3月、全国の小学生4833人とその保護者を対象に、子どもの排便と生活習慣についてインターネットで調べた結果、5人に1人が便秘状態であることが分かった。調査を監修した中野美和子・さいたま市立病院小児外科部長は「2割は多いなという印象です」と話す。

 同病院小児外科には「排便外来」があり、便秘に悩む子どもたちが次々にやってくる。乳児から中学生まで、年齢もさまざまだ。夏休みを利用して治療を始める子も多いという。

 3年前から通っている小学6年の女児(12)は、毎日排便はあったが少量で、おなかいっぱいに便がたまっていた。「気づかないで過ごしちゃったから、学校でぶっ倒れたの」。

 別の病院に1年通ったがよくならず、専門的な診療をしているこの病院を紹介された。治療では、座薬や浣腸(かんちょう)などを使って毎日しっかりと便を出すことで直腸を元の大きさに戻し、すっきり排便できる習慣をつくる。この女児も治療で格段によくなったという。

 中野医師によると、幼児期に便秘になって便が硬くなると、排便で痛い思いをして怖くなり、我慢するようになる。小学生以上になると、自宅以外の場所で排便したくなくて、我慢してしまうことが多い。こうして便がたまる悪循環に陥ると、直腸が拡張し、便がたくさんたまらないと便意を感じなくなってしまう。さらに悪化すると無意識のうちに漏れる「便失禁」を起こすこともある。

 便秘の原因は生活習慣や食生活などさまざまだが、子どもたちが塾や習い事で、学校が終わってからも常に緊張していることも一因ではないかと中野医師は話す。消化管の機能は、副交感神経が働いてリラックスしたときに活発になる。緊張すると副交感神経の働きが抑えられ交感神経が優位な状態となり、腸の動きが悪くなるという。

 調査では、便秘状態の子の親の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら