[PR]

アトランタ・シドニー・アテネ五輪金メダリスト

 男子66キロ級の海老沼は一本を狙う日本柔道の姿勢を貫いたが、敗れた準決勝は、実力者同士のギリギリの勝負の中で、安バウル(韓国)の方が戦術面では一枚上手だったように思う。

 5試合中、勝った4試合はいずれも一本勝ち。こだわった背負い投げと寝技。「立って良し、寝て良し」の本人の良さは出ていた。

 だが準決勝は指導1を奪っていた終盤になり、相手は反則を取りに来る戦い方に変わった。「掛け逃げかな」と思う瞬間はあったものの、海老沼もバランスを崩していた。どうやって先にいいところを持つか、の勝負になっていた。

 延長での海老沼は組手も雑にな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも