[PR]

 リオ五輪アーチェリー女子団体に出場した佐世保市出身の永峰沙織選手(23)を応援しようと、地元の同市江迎町の地区公民館に家族ら約30人が7日深夜から8日未明に集まり、声援を送った。日本はウクライナを6―2で下して準々決勝に進んだが、8連覇した韓国に1―5で敗れ、銅メダルだったロンドン五輪に続いての表彰台とはいかなかった。参加者らは次の個人戦へ期待をつないだ。(具志堅直)