[PR]

 広島で育てた平和の象徴・カンナを、株分けする取り組みも広がっている。創作浄瑠璃作家の橘凛保(りほ)さん(58)=東京都=が中心となり進める「カンナ・プロジェクト」だ。

 橘さんは2004年9月、広島平和記念資料館で「焦土に咲いたカンナの花」の写真に出会った。焼けただれた遺体やケロイドの写真、子どもたちの遺品を見て「絶望」を感じたがカンナの写真に救われた。

 白黒写真だった。だが、「原爆で傷ついた人たちの苦しみやつらさ、流れた血を吸い、廃虚の中でまっ赤に咲いているように感じました」。咲いた場所を調べ、被爆者の話を聞き、創作浄瑠璃に仕上げた。

 だが公演に訪れた人たちは資料館の写真を知らず、カンナの花を見たことすらなかった。「育ててもらうのが一番」と2008年、広島市内の小学校を中心に球根を植えると「うちでも育てたい」と賛同する学校が相次いだ。

 現在は北海道から沖縄の26都…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら