[PR]

 9月の民進党代表選に立候補を表明した蓮舫代表代行を支援する動きが加速し、早くも独走状態となっている。岡田克也代表を支えてきた現執行部や党内リベラル派のほか、保守系の細野豪志元環境相も支援する方向。女性リーダーへの期待も追い風となり、対立候補の擁立は難航している。

 「代表かと思いましたよ」。蓮舫氏は9日、自民党新役員のあいさつ回りに訪れた茂木敏充政調会長から、こう声をかけられた。出張で不在の岡田氏をのぞく党4役として出迎えた蓮舫氏は、「コメントに困る」と苦笑した。

 蓮舫氏は、執行部が主導した野党共闘を踏襲する考えを表明。所属する野田佳彦前首相のグループを基盤に、岡田氏ら執行部の大半、リベラル派の赤松広隆前衆院副議長のグループが支援する方向。代表選に意欲を示していた細野氏も9日、グループ会合で不出馬と蓮舫氏を支援する考えを表明した。細野氏は記者団に「蓮舫氏は党を一つにしてくれる人だ」と語った。

 蓮舫氏は7月の東京都知事選で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも