[PR]

(8日、柔道男子73キロ級)

 男子73キロ級で力の差を見せつけて優勝した大野将平(旭化成)。全5試合で8個の技による得点を奪い、その多彩な技術を世界中に披露した。

 決勝のオルジョイ(アゼルバイジャン)戦では「けんか四つの相手に有効」という内股で技ありを奪うと、3分15秒に浅めの内股を見せてから、逆の足に小内刈りをかけて一本勝ち。相手の重心を完璧にコントロールした。

 ここ2年のきまり技を見ると、技による得点の45%を内股と大外刈りが占める。前に出ている足を狙うのが基本姿勢で、利き手が右の大野の場合、相手の左足が前なら内股、右足が前なら大外刈りが戦いの軸となる。3回戦で決めたきれいな内股も、相手の左足が前に出た瞬間を狙った。

 大野はこの2本の宝刀を「表裏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも