[PR]

 安倍晋三首相は10日から5日間の夏休みに入る。首相は内閣改造前の7月にも約1週間の夏休みを取ったばかり。ひと夏に2回の長期休みを取るのは、第1次政権時代も含めて初めて。

 首相は9日、長崎市での平和祈念式典への出席などを終えた後、別荘のある山梨県鳴沢村に入った。夏休み中は、主に趣味のゴルフに興じるほか、12~14日には地元・山口県に帰省。父安倍晋太郎元外相の墓参りをするほか、花火大会を見物したりする予定だ。

 終戦記念日の15日は、全国戦没者追悼式への参列や閣議のため、仕事に戻る。(大久保貴裕)

こんなニュースも