[PR]

無駄なところを落語から省いたら全部なくなっちゃう

広瀬和生

 落語にはまともに考えたらけっこう哀れな噺(はなし)、重いネタがある。それをもちゃかして無駄な噺に裏返すことで、どんなにひどい状況でも、どこかこたえていないようにも見える庶民のしたたかさに寄り添う。「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース