体操女子団体、日本4位 メキシコ五輪以来48年ぶり

[PR]

 リオデジャネイロ五輪は9日、体操の女子団体総合決勝が行われ、日本(寺本明日香村上茉愛杉原愛子宮川紗江内山由綺)は174・371点で4位だった。この種目での4位は1968年メキシコ五輪以来、48年ぶり。

 1位は米国、2位はロシア、3位は中国だった。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント