[PR]

(9日、カヌー スラローム男子カナディアンシングル決勝)

 日本勢のカヌー競技で男女を通じて初となる、歴史的なメダルの獲得が決まると、羽根田卓也(ミキハウス)はカヌーに乗ったまま、こらえきれずに泣いた。

 片側に水かきのついたパドルでこぐカナディアンカヌーで激流を下りながら、ゲートを番号順にくぐって競うこの種目で、羽根田は準決勝を6位で通過した。決勝はミスなく乗り切り、97・44点。準決勝で上位に入った5人のスタートを前に、この時点で悪くてもトップに立ちたかったが2位。メダルは遠のいたかに見えた。

 だが、その強豪たちが次々にポールに接触するミスをし、ペナルティーが課されてスコアを落とした。フランスの選手に抜かれたが、銅メダルが転がり込んだ。

 愛知・杜若高を卒業後に本場ス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら