[PR]

 リオデジャネイロ五輪は9日、競泳の男子200メートルバタフライ決勝が行われ、坂井聖人(早大)が1分53秒40で2位に入り、銀メダルを獲得した。日本勢はこの種目で、2004年アテネ大会から4大会連続のメダル獲得となった。瀬戸大也(JSS毛呂山)は1分54秒82で、5位だった。