【動画】大和晃さんの捜索が続く熊本県南阿蘇村の現場=森下東樹撮影
[PR]

 熊本地震で唯一、安否不明になっている熊本学園大学4年、大和晃(やまとひかる)さん(22)を捜索している熊本県は10日午前、同県南阿蘇村で崩落した阿蘇大橋の下流約400メートル付近の捜索現場で「人らしきものが発見された」と発表した。県警や消防が現場で収容作業を続けている。

 同日午前10時5分ごろ、県警や消防などの捜索隊から発見の情報が県に入った。捜索現場では大和さんが乗っていた可能性がある車体の一部が確認されており、この車体の中から発見された。県警によると、車内から着衣も確認されたという。

 10日の捜索は、午前8時に警察や消防など約80人態勢で始まった。放電による破砕技術で車体の周りにある岩を砕いた後、警察官や消防隊員らが周辺の土砂を掘る作業を続け、車体が1メートルほど露出したころに見つかったという。捜索隊はこの車体を回収したうえで車内の捜索を進める。

 現場で捜索を見守った父の卓也…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら