[PR]

 遠い血縁関係も高い精度で判定できる新しいDNA鑑定法を、京都大の玉木敬二教授(法医学)らの研究チームが開発した。東日本大震災のような大規模災害時の身元確認などに役立つと期待している。

 DNA鑑定は染色体に含まれるDNAの配列パターンの違いで個人を見分ける。血縁が近い人ほど同じDNAの部分が多く、血縁が遠いほど少なくなる。これまでは親子や兄弟姉妹までしか精度よく判定できなかった。

 これまでの方法はDNA上の15カ所で配列の一致を調べ、その数で判定していたが、新手法は17万カ所に増やし、同じDNAの部分が連続する長さで比べるようにした。その結果、精度が向上し、計算に基づく的中率は親子や兄弟姉妹、おじやおば、いとこがほぼ100%。6親等のまたいとこでも93・9%となった。

 鑑定はほおの内側から採取した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら