[PR]

(10日、体操男子個人総合)

 鉄棒の最終演技者、オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)の得点が出ると、会場内は騒然となった。内村が大逆転で金メダルを獲得。その差はわずかに0・099点。44年ぶりに2連覇を達成した王者自身も、驚くほどの劇的な結末だった。

 予選首位のベルニャエフと予選2位の内村との一騎打ちになった。だが、内村は予選、団体総合決勝と6種目すべてを演技。その一方で、ベルニャエフは団体総合決勝で演技したのは2種目だけだった。体力を温存していた相手に対して、内村は体力面で、厳しい戦いを強いられていた。

 内村はほぼノーミスの演技をこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら