[PR]

 リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で、内村航平と争って敗れた銀メダリストのオレグ・ベルニャエフ(22)=ウクライナ=が10日、試合後の記者会見で、内村に助け舟を出し、尊敬の念を示した。

 わずか0・099点差での決着。会見で記者から内村に対し、逆転を決めた最終種目の鉄棒の採点について、「審判が内村に親近感のようなものを感じ、高い得点が出たと考えているか」という質問があった。

 内村は「僕が審判に気に入られていると言うことですよね。まったくそんなことは思っていない」。すると、別の質問に答えていたベルニャエフがわざわざ、「先ほどの質問だけど、いったん得点が出ればそれは公平なものだし、内村は過去に今回よりももっと高い得点を取っている。だからそういう質問は無駄だと思う」と話した。

 会見では、個人総合2連覇の快…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら