[PR]

 リオデジャネイロ五輪で、10日始まった馬場馬術競技の予選に、蒜山ホースパーク(真庭市)所属の原田喜市さん(43)が出場し、自己ベストを更新する好成績を出した。予選1日目を終え、日本は団体でエントリー11カ国中、暫定8位につけており、入賞の可能性も見えている。

 この日は59人馬のうち29人馬が出場した。原田さんは日本時間11日午前2時20分ごろ、エジスター号と共に入場した。途中、テレビカメラに驚いた馬がやや足取りを乱す場面もあったが、すぐに立ち直り堂々とした演技を披露。最後に敬礼した原田さんは、明るい笑顔を輝かせた。

 原田さんは朝日新聞の取材に対し「応援して下さった皆様に心から感謝します。オリンピックは究極の舞台だと確信しました。程よい緊張感とチャレンジする機会とが入り交じった感じでした。全ての演技が終わり、達成感に満ちあふれ、次の課題も見つかり本当に中身の濃い経験でした」との談話を寄せた。

 地元後援会の三木康史会長は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら