[PR]

 北極海などに生息するサメの仲間が400年近く長生きしていることを欧米の研究チームが初めて確認した。カメやクジラの仲間には、200年ほど長生きする種がいるが、これほどの長生きは植物以外では極めて珍しく、脊椎(せきつい)動物では最長寿とみられるという。米科学誌サイエンス(電子版)で論文を発表した。

 このサメは、北極海などに生息するニシオンデンザメ(英語名グリーンランド・シャーク)。成長すると全長5メートルを超えるが、成長速度は遅いことが知られていた。

 サメの骨格は軟骨でできているため、木の年輪のように骨などの組織に刻まれた情報をもとに年齢を推定するのが難しかった。研究チームは、生まれた時からある目の水晶体に含まれる炭素の放射性同位体を調べる年代測定法を応用。グリーンランド沿岸で捕獲されたメス28匹を調べたところ、体長4・93メートルの個体が335歳、体長5・02メートルの個体が392歳と判明した。性的に成熟するのに150年はかかるとみられ、平均寿命は推定で270年を超えるという。

 ニシオンデンザメの詳しい生態は分かっていない。底引き漁などで誤って捕獲されることが多いため、研究チームは「防止策が必要だ」としている。(ワシントン=小林哲